失業手当がもらえない

個人事業主が失業をした場合は、失業保険や失業手当をもらえないというデメリットがあるのをご存知でしたでしょうか。
失業した後の重要な起点となるはずのこれらの手当が受け取れないと言うのは、どういうことなのかをお話させていただきたいと思います。

個人事業主というのは、個人で何かしらの事業を行っているという解釈のもとで言われています。
一方、雇用者というのは雇い主が存在していますので、その雇用から外れた場合に失業と定義づけることが出来るのです。
でも、個人事業主だって仕事が無い時はありますよね。
不況に煽られて、まったく立ちゆかなくなってしまったりなど理由は様々ですが、実質的に見れば失業と言っても差し支えない事柄だって存在します。
しかし、個人事業主は開業届を出した時点から、何かしらの事業を行っているとみなされるために、国の援助の対象から外されてしまい、失業手当を受け取ることが出来ないのです。

もしも、失業手当を受け取りたい場合は、何も手段がないのかというと、そうではありません。
廃業届などを国に提出して、個人事業主ではないということが認められれば、手当を受け取ることは出来ます。
手当が受け取れなくなるタイミングですが、その人が働き出した時から給付は止められますので、個人事業主の場合は、開業手当を出した段階で給付が止められてしまいます。
今、個人事業主になろうかなと思っている方は、「とりあえず」で開業届を出してしまうと大変なことになりますので、じっくりと悩んでから開業届を出すことをオススメします。
それなりのビジョンがなければ、個人事業主は成り立たないので、デメリットの方が浮き彫りになってしまうこともあるでしょう。
そうならないために、今一度考えてみることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です