理解しておきたい個人事業主のデメリット

仕事をしていると、「もっと、自由に仕事をしていきたい」「もっと、自分のやりたいように仕事をしたい」と、思われることも多いと思います。
特に、IT関係の仕事をしている方の場合には、「これだけのスキルがあれば、独立してもやっていけるだろう」と、思っている方もいらっしゃるでしょう。
「近い内に、個人事業主として仕事をしていこう」と、計画を立てている方も多いと思います。
しかし、個人事業主として仕事をする際にはデメリットもあります。

今からお話するのは、個人事業主として仕事をする前に理解しておきたいデメリットについてです。
まず個人事業主となれば、仕事をこなしていくだけではなく、経営なども考えていくことが必要となります。
IT専門職の方であれば、ほとんどの方が専門職のみをこなしていた方がほとんどだと思うので、経理や経営についての知識が少ない方が多いでしょう。
個人事業主となれば、会社としてやっていくための経理の知識や、税金の申告なども全て自分で行うことが必要となります。
収入を得れば所得税を支払うことは義務なので、これらの手続きに手間がかかることになります。
そして、会社を経営していくためには帳簿などの作成が必要となります。
会社勤めをしている時であれば、経費などは全て経理の人に任せていたと思いますが、個人事業主となれば、お金の管理も全て自分で行っていくことが必要となります。
帳簿をつけていなければ、確定申告の際に困ることになりますから、その都度帳簿付けが必要となります。

このように、個人事業主となれば仕事をこなすだけではなく、様々な業務が増えてくるでしょう。
これらも理解しておかなければ、独立後に「こんなはずではなかった」と、後悔してしまうことなってしまいます。
そんなことに陥らないために、まずは■■目指せ個人事業主■■を参考にしてみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です